【5分で伝える焚き火愛】初めてのキャンプで、焚き火台って買うべき??

プロフィール背景画像
けんたろす
コスパを追い求める、amazon大好き会社員
安くて便利な、コスパの高い商品が大好きです。ネットで見つけた「これはオススメ!」という一品を集めています。

こんにちは、けんたろすです。

キャンプを始めるにあたって最初の悩みは、
「何を揃えればいいのか分からない」
ではないでしょうか?

僕もそうでした。
ただでさえ初めてのキャンプで心配なのに、
足りない道具はないか不安ですよね。

必要な道具が多く、当日の流れも把握していない状態ですので、当然のことです。
実際にキャンプ場に行ってから大変な思いをするなんて、
嫌ですよね。
家族にも申し訳ないし。

そこで今回は、
キャンプグッズのなかでも、「焚き火台」
についてお話します。

焚き火台って何?初めてのキャンプに買うべき?
などの疑問を解決していきたいと思います。

こんな方に向けた記事です

・これからキャンプを始める方
・道具を揃えている最中
・焚き火台が必要か迷っている

結論から言うと、
「焚き火台は用意するべき」です。


過去の自分を振り返って、
「買ってよかったな」と思う部分を
1つずつ共有していきます。

目次

焚き火台って何?

焚き火台

まず、焚き火台って何のことでしょうか?

焚き火台とは、
「薪を載せて燃やし、焚き火を行うための台」
のことです。

キャンプ場で焚き火をする時は、
通常焚き火台で行います。

枯れ木などを集めて火を起こせば、
地面でも焚き火は出来ます。
これを直火と言います。

しかし、地面が黒くなり、
キャンプ場が傷んでしまうため、
直火OKのキャンプ場はあまりありません。

ファミリーキャンパーにおすすめしたい、
キレイでトイレなどの施設が整ったキャンプ場はほとんど禁止です。

ですので、
キャンプ場で焚き火をするなら、
焚き火台は必須なんです。

「あると便利」じゃなくて
「ないとできない」なんだ・・。

ファミキャンで焚き火台を持っていた方がいい理由

実際に家族で焚き火をしてきて、
よかったなと思っている所をお話していきます。
実体験ですので参考になると思います。

特別な思い出が作れる

ファミリーキャンパーとしては、
家族との体験を一番に考えるべきだと思っています。

家族みんなでキャンプに行って、暗くなるまで外にいて、そこで寝る。
こんな非日常の中で一番心に残るものって何でしょうか?

僕は焚き火の時間だと思います。

自分も小学生のころ、学校でキャンプに行った時の
キャンプファイアは今も記憶に残っています。
本来危ないから近づくことさえ禁止されている「火」に、
こんなに近づけるだけで既に特別なんです。

それに、暗くなって周りが焚き火をしだしたときに、
自分の家だけ出来ないなんて悲しすぎます。
激しく後悔するでしょう。

せっかくのキャンプ、最高の思い出を作るなら
焚き火の準備はしていきましょう!

暖かい

これはもう、シンプルに気持ちがいいです。

キャンプ場は山にあることが多いですから、
夜になると冷えるんです。

そんな中、焚き火の炎が暖かくて最高。
お気に入りのチェアに座って火にあたるだけなんですが、
本当にいい時間です。

本当の話、半分焚き火をしにキャンプに行ってます。


BBQコンロがいらない

焚き火のほかにも、BBQコンロとしても優秀に使えます。

1台2役なので、こんなメリットがあります。

・BBQしかできないコンロを買わなくていい
・荷物が減り、身軽なキャンプに
・家での置き場も少なくなる
・洗うのも1台でいい

ということです。

メリットだらけです。

我が家も荷物の置き場にも困りがちで、
毎回苦戦しています。
さらにコンロもあったら厳しい・・
次何か買ったら何かを捨てないといけないかもって、
妻と話しているところです。

スペース問題は意外と重要です。


食事とお酒がおいしくなる

火を囲んで、好きなおつまみを食べながらお酒を飲む。
日中頑張ったパパの一番のご褒美タイムです。
キャンプでの料理って面倒なイメージがありますけど、
どんな料理もおいしくなるのがキャンプ。

失敗したカレーも、家族で作ったものなら笑って食べれますよね?


深いコミュニケーションが自然に出来る

今日のキャンプの話でもいいでしょう。
いつもの学校のことででもいいでしょう。
自然と会話が続いていく中で、
こどもとも妻とも友達とも、
普段話さないような事まで話してくれたりするんです。

焚き火から気づかされたんですが、
何もせず、じっくり相手と向き合う事ってないんです。
テレビみながらとか話すことはあっても、
生活の中で完全にそのための時間がない。

だから自然にお互いの話を聞きあって、
相談できる貴重な場になります。

こんな場を、改めて実生活で作るの、
難しいですよね。


癒し

焚き火を見て心が癒されるのは、
ちゃんと科学的に理由がある事実だそうです。

炎の揺らぎには、人間がリラックスできるリズムがあるそうです。
「規則的」なものと「不規則」なものが調和した状態が、「1/fゆらぎ」といい、
波の音、川の音、小鳥の鳴き声などもこれに当たります。

実際にYOUTUBEでも、ただ焚き火の炎を撮影しただけ、
なんて動画も需要があります。
これをリアルで味わえるのは、キャンプならでは。
焚き火しないなんて、もったいないと思います。

けんたろす

焚き火愛すら感じる・・。

買う?レンタル?おすすめの準備方法

一番のおすすめは、「友達のを借りる」

一番のおすすめは、
初めてのキャンプは友達家族と行って、
相手の焚き火台を使うことです。

初めてのキャンプのとき、全てが手探りです。
テントを張るにしても、
食事の用意をするにしても、
いちいち時間がかかるからです。

大変さが楽しさを上回ったら、次も行こうとは思えないかもしれません。
そんな時めちゃくちゃ助かります。

焚き火台にしても同じで、
使い方から実際にどんな感じか
見てから買えば大丈夫です。

3家族いても、
一つの焚き火台をみんなで囲むんです。

最初はなるべくお金をかけずに、コンパクトに始めるのがいいです。

自分も最初のキャンプは友達に連れて行ってもらい、
いろいろなことを教えてもらいました。

グループキャンプは、
子供たちにとっても特別な思い出になるよ!

無理なら買った方がお得

とはいえ、
都合よくキャンプしている友達が見つかるとは限りません。
そんな時は購入しましょう。

先にもいったように、無駄になることがほぼないアイテムです。
焚き火台、BBQコンロと2通りの使い道があるからです。

購入する場合は、
超おすすめの焚き火台があるので、
選択肢に入れてみてください。

レンタルと比較して見ました。

いきなり購入はちょっと・・と思って、
レンタルの方が安いのか調べてみました。
「焚き火台 レンタル」でググってリサーチし、
一番上に出てきたところで、

2泊3日で3000円かかります。
税込み約2200円+送料600円でした。

もし自分が利用するかと言われると、
2,3回で元を取れるぐらいなので購入した方がお得なので、
やはり購入しますね。

自分のものになるし、梱包や発送手続きも面倒だし。

けんたろす

レンタルは割高で手間もかかるから、
おすすめはできないよ・・

まとめ

ファミリーキャンプ初心者でも、
焚き火はやるべき。

準備としては、友達家族のものでOK
無理なら買うべし!後悔はしない

せっかくのキャンプ、思い切り楽しみましょう。
ファミリーキャンパーの方は、子どもが小さい期間はあっという間です。
貴重な時間を消費する前に、キャンプを始めちゃいましょう!
それに、早めに買ってたくさん使うほどお得ですからね。

家族一緒の、一生の思い出になるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる