「スピードミントン」買ってみたら小学一年生でもめちゃめちゃ遊べた

  • URL Copied!
プロフィール背景画像
けんたろす
コスパを追い求める、amazon大好き会社員
安くて便利な、コスパの高い商品が大好きです。ネットで見つけた「これはオススメ!」という一品を集めています。

こんにちは、けんたろすです。

今回は、「スピードミントン」についてお話します。
この記事を読めば、

・スピードミントンとは
・こどもから大人までおすすめな理由
・実際の感想
・おすすめの遊び方

などが5分でわかります。

公園での楽しい遊びを探しているパパママ、レクリエーション活動を探している方、バドミントン、テニスをやっていた方にぜひ見ていただきたいです!

目次 (クリックすると飛べます)

スピードミントンってなに?

以前、バドミントンにはまっている話をしたのですが、この度新しい遊びを発見しました!

その名も「スピードミントン」。
(クロスミントンとも呼ぶそうです、呼び方の違いで同じスポーツのようです)

テニスとバドミントンの間

どんな感じのスポーツかというと、一言でいうと、テニスとバドミントンの間です。

「バドミントンの羽を重たいプラスチックにしたものを、テニスのラケットで打つ」みたいな。

写真はこんな感じ

動画で見るとこんな感じ

スピードミントンジャパンより引用

打ち応えがあって楽しいの、伝わってきます!

とにかく楽しくて、
こども達の受けもいいので紹介します!

ルールは?

公園で遊ぶ程度なのでルール通り遊んでいませんが、一応公式ルールも紹介しておきます。

スピードミントンの公式ルール

スピードミントンジャパン公式サイトより引用
ルールはこの通り

1セット16点で、先に3セット取った方の勝ち。5.5mのコートで試合を行います。2人または4人とあるので、ダブルスもあるんですね。18歳以下は12.8m、12歳以下は9m離れて行います。

子どもたちと遊びでやる分には、最初近くから初めて徐々に離れていくと慣れていきました。

amazonで実際に買ってみた!

アマゾンにて購入したので、実物を紹介します。

スピードミントンファンセット

パッケージと内容はこんな感じ。ラケットが2本ついてくるから、コレ一つ買えばこどもと一緒に遊べる。

パッケージ
左:ファンスピーダー 右:ヘリスピーダー ケース付き

シャトルは2種類ついてきた

羽は2種類ついてきます。

写真左のスピーダーが早く遠くに飛び、右のヘリスピーダーがゆっくり飛びます。バドミントンの羽と比べると、両方とも小さくて重いです。

2種類あって飽きずに遊べます。

こどもと遊んでみた!~小学一年生でも遊べるのか?~

実際に公園で遊んでみた感想です。

遊んでみた感想「初心者でも遊べる!」

全く問題なく遊べます!

最初は羽が小さいかなぁ‥と思ったけど、やってみると全然だいじょうぶ。バドミントンより簡単です。ラケットが短い分、特に子供には打ちやすくなってます。バドミントンはシャフトが長いから意外と難しい‥

上手に遊ぶコツとしては、冒頭に載せた動画とは印象が違うけど上に上に打つこと。

落下までにゆっくり準備できるから、ラリーが続きやすくなります。

小学一年生が握ったサイズ感
大人の男性が握ったサイズ感

率直な感想・・
めちゃくちゃ楽しい!!

おすすめな点

軽く当てるだけで遠くまで飛ぶので、力のないこどもでも爽快に遊べる!しかも打ち応えもあって、速い球もガンガン打っていける感じ。

ラケットも軽く、小1でも振れる。

難易度が高そうに見えたのですが、ラケットの面が大きく、シャフトが短いので小学一年生でも羽に当てやすい!

バドミントンのように、羽が壊れない。

注意点

ヘリスピーダーの方がゆっくりで打ちやすいと思ったけど、くるくる回って慣れるまで逆に打ちづらかったみたいです。

けんたろす

結構上手にできてるよ!
(実は自分が楽しんでる笑)

べびたろす

思ったより簡単!
めちゃ楽しい!

短くて面が大きいため、意外と簡単

実際に遊んでみて感じた、役立ち情報

  • バドミントンのラケットで代用可能
    セットでラケット2本なので、こども2人と遊ぶときは1本足りません。2本1000円で買った、バドミントンラケットで代用しましたが大丈夫でした。長期間の使用やスマッシュ打つと、ガットが切れるかもしれませんが・・
  • ネットがあると楽
    羽が上に高く飛ぶと、こどもは相手の位置まで気が回らないです。ネットで大体の目印があると、そこに向かって打ってくれます。ふんわりした球になり、ラリーが続きやすいメリットも。
  • こどもは前衛と後衛に分かれると楽
    左右に分かれたり、こども同士でやらせるよりも、大人がある程度左右に打ち分けてやるとスムーズです。小1は前衛にしてあげると、お兄ちゃんとの飛距離差もカバーできます。

独自の魅力

さらに、
バドミントンにもテニスにもない魅力があります。

  • 多少の風なら遊べる
    羽が重くて流されない
  • こどもでも簡単
    ラケットが短くて大きいため当たりやすい
  • どこでもできる
    芝でも土でもできる

価格は5,000円から6,000円。
子供から大人まで楽しめるので、
お値段以上かと思います

お試しで買うなら、
羽だけ買って、バドミントンのラケットでやってみるのもアリです。
2つ入りで2,000円です。

ラケット競技への適性あがります

ファンスピーダー。真っ直ぐによく飛び、多少の風でも流されない

まとめ

スピードミントンが面白い理由をまとめると、

★スピードミントンのおすすめポイント

①大人からこどもまで、一緒になって遊べる

短くて軽いラケットで、こどもでも打ちやすくて楽しい。
よく飛ぶ羽で、力がなくても遠くに飛ばせるから楽しい。
重めの羽が打ち応えがあり楽しい。
打ち込めば速い球も打てるので、爽快!

②芝でも地面でも、風があっても遊べる

テニスだと地面を選ぶ。
バドミントンだと、風がない日を選ぶ。
スピードミントンだと、いつもの公園でいつでもできる。

③レベルに合わせて遊べる

いろんな種類の羽があり、
成長に合わせて競技向けにも挑戦できる。
かなりスピードの速いラリーが楽しめる。

家族の遊びにぴったりだと思います!

正直今はまだあまり浸透していないと思いますが、もっと流行っていいスポーツだと思います。

目新しい遊びにこどもは夢中になります。速くて軽くて打ちごたえあるから、気持ちいいしね。

こどもと一緒にできるスポーツや遊びを探している、遊び上手なパパママには、ぜひとも試していただきたいです!


けんたろすでした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメント一覧 (1件)

【けんたろすブログ】amazonで買うべき商品を厳選!お宝教えます。 | 暮らしを彩るワンポイント へ返信する コメントをキャンセル

目次 (クリックすると飛べます)
閉じる